卒業生からのメッセージ

卒業生からのメッセージ


森田 彩さん
特別養護老人ホーム みづま敬和苑 勤務
2009年 健康栄養学科卒業
(現:フードデザイン学科)/
福岡県 西日本短期大学附属高等学校出身

こんなに毎日感動できる仕事は ないと思います。

特別養護老人ホームで管理栄養士をしています。
利用者さんたちと同じ目線で話をし、食を通して笑顔になっていただける瞬間が私の幸せです。

専門的な知識はもちろんですが、学生時代に挨拶の大切さを実感できたことが本当に大きいと感じます。気持ちのよい挨拶は楽しい仕事の第一歩です。

2年間、同じ教室で同じ仲間と過ごすので、先生にも友達にも卒業後も何でも相談できます。失敗を恐れず、何事にも一所懸命に取り組んでください。


馬場 理菜子さん
株式会社ひまわりフードサービス 勤務
2014年フードデザイン学科卒業
福岡県 久留米商業高等学校出身

学生時代の実習はすべて現場で 役立ちます。

栄養士として同じ職場の皆さんとコミュニケーションを取って、段取り良く調理ができ、美味しかったという声をいただいた時にやりがいを感じます。

大量調理の実習や校外実習といった経験を積むことで、前もって職場での作業の流れを感じられたのが良かったです。食品衛生学も仕事の基本として役立っています。

信愛の2年間で得られる学びや仲間はとても貴重。
不安も多いかもしれませんが、自分の夢や目標に向かって自信を持って進んでほしいです!


丸山 三記さん(旧姓:福岡)
久留米ヤクルト販売株式会社
広報研修室 勤務
2010年 健康栄養学科卒業
(現:フードデザイン学科)/
福岡県 八女学院高等学校出身

子どもたちの笑顔が 私にとって最高の栄養です。

病院や学校の栄養士とは全く違う分野の栄養士ですが、幅広く栄養の知識を活かせるところに、やりがいを感じています。

学科で学んだ栄養学の知識はもちろんですが、女性としてのマナーなどを身につけることができたことは、一人の社会人として、とても役立っていると感じます。

信愛で学ぶことに、無駄なことはありません。しっかり学んで、その知識を社会で活かせるような、輝く女性になってほしいと思います。