基礎教育科目

基礎教育科目

目的に応じてそれぞれの学びを実現する多彩なプログラム。
本学は基礎教育科目として「キリスト教概論」と「信愛教育Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ」を全学共通の必修科目として設けています。
これらの科目を通じて、キリスト教に関する知識・理解を深めながら、学生一人ひとりの人間性が向上し、一人の人間として大きく成長することを願っています。また、本学ならではの「信愛教育」の授業は、ミサをはじめとした宗教行事や講話が中心です。
人としての生き方や、様々な社会的な問題にふれながら自分自身を見つめていくための大切な時間にしましょう。

キリスト教概論

キリスト教概論

人間として生き方を考える

現代は変革の時代です。政治や経済をはじめ、社会全体の価値観が揺れ動いています。こうした時代の中にあって、キリスト教精神を学ぶことの意味は大きなもの。キリスト教に関すること「ゆるし合うこと」など、人間としての生き方を考える授業です。

信愛教育Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

信愛教育Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

信愛精神を生活の中で体験する

「キリストの教えに基づいた真の価値観を持ち、豊かな心を持って社会に貢献できる人間を育成する」という本学の建学の精神を理解・実践する授業です。学長や専門家による講話、各種の行事、クラスミーティングなど学生と教職員がともに参加して信愛精神を実現します。

英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ

英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ

コミュニケーション能力を身につける

英語におるコミュニケーション能力を高め、就職や大学編入にも生かせる英語力を身につけます。各種のビデオ教材を使った授業、さらに米国テキサス州のアビリーン・クリスチャン大学での3週間にわたる語学研修など、多彩な授業を行います。

フランス語Ⅰ・Ⅱ

フランス語Ⅰ・Ⅱ

フランスの魅力をとことん味わう

美しいフランス語をリラックスした雰囲気の中で学びます。まず、発音と文法の基礎を修得し、日常会話に慣れます。また語学力だけでなく、フランスの文学、美術、シャンソン、料理、ワインなどの文化や生活にもふれて、フランスを身近に感じられるような授業を行います。

生活とスポーツⅠ・Ⅱ

生活とスポーツⅠ・Ⅱ

健康問題と運動について学ぶ

子どもたちが抱える様々な健康問題や、保育・教育現場におけるニーズを考慮した上で、子どもの心と身体の健康づくりや、人間形成としての幼児期の体育教育(幼児体育)のあり方、基本理念について学びます。また実技では、からだあそびのレパートリー、あそび方のバリエーションづくりのヒントを習得することで、子どもの健康・体力づくりを楽しみの中で促すためのスキルを総合的に学修します。

キャリアガイダンスⅠ・Ⅱ

キャリアガイダンスⅠ・Ⅱ

社会的・職業的自立を目指して

各種ガイダンスや外部講師による講義を通じて自己の能力や資質を認識し、就職活動を通じて社会人となるにあたって必要となる基礎的な力を身につけます。また、自らの興味や職業観を再認識するとともに各種業種・職種の理解を進めることで、就職活動にて適切なマッチングを行うための自己分析ができる力を身につけます。

教養科目群

教養科目群

幅広い教養を身につける

日本近代文学作品ゆかりの地を訪ねたり、生物の起源や進化について学んだり、日常生活における「こころ」の動きについて理解するなど、幅広く教養を身につけます。

  • 日本文学
  • 日本国憲法
  • 心理学
  • ヨーロッパ文化
  • 生活と環境
  • 生命と自然
  • ライフデザイン論