2017/02/04 高校生の主権者教育として模擬投票を行いました

信愛では18歳選挙権の導入にあわせて、高校での主権者教育を積極的に行っています。その1つとして、高校2年生がグループごとにいくつかの政党に分かれ、それぞれのテーマに基づいて各党の主張や政策について調べてきました。
2月4日(土)のリリウムプランの時間に、来年度同じように主権者教育に取り組む高1学年も交えて発表をし、その後実際に投票を行うという「模擬投票」を行いました。この模擬投票では、実際に選挙で使用されている投票箱などを久留米市選挙管理委員会からお借りし、本物の投票さながらの体験をすることができました。

  • 卒業生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 久留米信愛女学院中学校・高等学校の公式facebook