2017/07/13 韓国にある姉妹校「福者女子高等学校」の皆さんが信愛に来校されました

 7月13日(木)、本格的な夏の到来を思わせるような晴天の中、福者女子高校より先生、生徒の皆さんあわせて総勢42名が来校されました。
 2008年にスタートした交流会ですが、韓国でのセウォル号沈没事故、感染症MERZ、日本での熊本大地震が起き、安全面の配慮から昨年までの3年間は来校を断念せざるを得ない状況が続いていました。昨年は熊本大地震災害の影響で、先生方のみの来校でしたが、その会合の場では今後も交流を深め、両校の友好関係を維持していくことが確認されました。そして今年、4年ぶりの来校が実現となりました。
 昨年の信愛の高1韓国研修で交流し友人となった福者の生徒の皆さんが、今年は信愛へ来校し、およそ10ヶ月ぶりの再会となりました。中には再会を祝して抱き合う姿や涙をこぼしてしまう生徒たちも見られました。
 初日に行われた文化交流会では、合唱や琴の演奏などをして訪問を歓迎しました。翌日に行われた学術交流会では、社会問題に関する意見交換をしました。両校の生徒とも日本語、英語、韓国語を使って会話をし、友情を深めました。また、信愛生の家に福者の生徒の皆さんがホームステイするなど、信愛生にとっても意義ある国際交流となりました。

  • 卒業生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 久留米信愛女学院中学校・高等学校の公式facebook