2017/12/16 高校2年生が「主権者教育」を行いました

 信愛では、高校2年生を対象にした「主権者教育」に取り組んでいます。来年2月に予定している九州の州知事の模擬選挙へ向けて、生徒たちが政党を立ち上げ、政策を作成し、立会演説会や模擬投票を行います。

 公開党首会談では、九州にUターン就職を促すためのふるさと納税を使っての学費補助や、少子化対策のために独身者に課税する「独身税」など、ユニークな政策が発表されました。会談後、党首討論を行い、生徒は党首に対して政策に関する質問を活発にしていました。

 また、活動の様子の取材を受け、翌日の西日本新聞に掲載されました。

  • 卒業生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 久留米信愛女学院中学校・高等学校の公式facebook