2018/02/27~28 高校3年生が「みことばの祭儀」と「信愛花ゆずり」を行いました | 久留米信愛高等学校

2018/02/27~28 高校3年生が「みことばの祭儀」と「信愛花ゆずり」を行いました

 卒業を間近に控えた2月末、「みことばの祭儀」と「信愛花ゆずり」を行いました。

 2月27日の「みことばの祭儀」では、理事長先生が卒業目前の高校3年生に聖書の有名な一節「タラントンのたとえ」を引用しながら、能力を生かすことの大切さを改めて教えてくださいました。また、学院生活での他の人々との関わりを振り返り、卒業後の生き方について考え、世界の平和や将来のために祈りました。
 最後に友人への感謝、支えてくれた家族への感謝、そして先生方への感謝を込めた共同祈願を行い、理事長先生に感謝の花束を贈りました。

 28日には、生徒の送別式にあたる「信愛花ゆずり」を行いました。高校3年生から後輩たちへ、信愛生として大切にしてほしい想いを花かごにして贈りました。高校3年生は、その想いを受けた在校生から贈られたピンクのコサージュを胸につけて卒業式に参列します。

  • 卒業生の方へ
  • 在校生の方へ
  • 久留米信愛中学校・高等学校の公式facebook