学院沿革HISTORY

学院沿革

本学院は、カトリックの精神に基づく人生観をもった女子教育を目的として設立されたミッションスクールです。
設立母体は、1859年フランスにおいて創立された「ショファイユの幼きイエズス修道会」であり、総本部をフランスに置き、ミッション活動を行っています。
国内では1877年(明治10年)に事業を開始、現在日本管区本部を兵庫県宝塚市に置き、全国各地の約30ヶ所において、教育事業と社会福祉事業を行っています。
そして1961年(昭和36年)に設立された久留米信愛女学院は、幼稚園・中学校・高等学校・短期大学を併設した長い歴史と伝統を持つ女子教育機関として、一流の名声を得ています。

学院沿革年表

項目
1877年 学 院幼きイエズス修道会員、フランスより来日
1930年 中学校聖心幼稚園(久留米市日吉町3丁目9番地、現久留米カトリック教会内)設置
1961年 高 校久留米信愛女学院高等学校設立認可(現在地)
1962年 中学校聖心幼稚園の設置者を宗教法人幼きイエズス修道会から学校法人久留米信愛女学院への変更認可
1964年 中学校本学院内現在地に移転、久留米信愛女学院幼稚園に名称変更
1968年 短 大久留米信愛女学院短期大学設置認可(食物栄養科)
1970年 学 院学院創立10周年記念式典挙行
1980年 短 大幼児教育科増設認可
1984年 学 院学院図書館竣工
学 院学院創立25周年記念式典挙行
1987年 学 院学生寮・学院食堂竣工
1988年 短 大食物栄養科を生活学科に、幼児教育科を幼児教育学科に、食物専攻を生活文化専攻にそれぞれ変更
1989年 高 校特進コース設置
短 大2号館竣工
1990年 中学校久留米信愛女学院中学校設立認可
1994年 短 大生活学科生活文化専攻を生活文化学科に、生活学科食物栄養専攻を食物栄養学科に新設昇格
1995年 学 院グローリアホール竣工
学 院学院創立35周年記念式典挙行
1998年 中学校預かり保育「マリア組」開始
2001年 中学校新館塔にカリヨンの鐘設置
2002年 短 大生活文化学科を情報社会学科へ改組
2003年 中学校ログハウス「てんしのいえ」完成
高 校本館校舎にエレベーター設置
短 大食物栄養学科を健康栄養学科に科名変更
短 大文部科学省委託「地域における教育情報発信・活用促進事業(エル・ネット『オープンカレッジ』に「地域で担う子育て」(全4回)が選定
2004年 短 大文部科学省より「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」に採択
短 大信愛コラボレーションプラザ「リリウム」開設
2006年 中学校コース改編(医進・特進文理)
高 校コース改編(スーパー特進・特進・進学選抜・進学・一貫)
中学校高 校スクールバス導入
2007年 短 大情報社会学科をビジネスキャリア学科へ科名変更
短 大第三者認証評価適格認定
2008年 短 大久留米市つどいの広場事業「信愛つどいの広場」開設
学 院幼きイエズス修道会創立150周年記念式典挙行
高 校コース改編(スーパー特進・特進・進学・特進文理一貫・医進一貫)
2009年 学 院西鉄久留米駅に学院創立50周年記念電照看板設置
短 大文部科学省より「大学教育のための戦略的大学連携支援プログラム(大学連携GP)」に採択
短 大文部科学省より「学生支援推進プログラム(学生支援GP)」に採択
2010年 学 院学院創立50周年
短 大健康栄養学科をフードデザイン学科に科名変更