共学化Q&A

学院改革

 筑後地区唯一のカトリックミッションスクールとして誕生して50有余年。中高一貫校としてももうすぐ30年。創立以来変わらない使命のもと、社会と時代のニーズに応え、男女共学になります。

共学化Q&A

Q1 共学化する目的は何ですか?
A1 女子だけでなく男子にもひらかれた「信愛教育」を

 カトリックミッションの学校として「社会と時代の要請に応える」ことが大切な使命です。久留米信愛女学院はその使命を帯びて創立されました。信愛が創立された当時は女性の教育機会が十分ではないという背景がありました。そしてグローバル化が急速に進みジェンダーフリー、男女共同参画社会となった現代において改めて原点に立ち返ると、女子だけでなく男子も含めた「信愛教育」の実践が求められていると判断しました。


Q2 男子にとって信愛が共学化する魅力は?
A2 筑後地区唯一の共学のカトリックミッションの中高一貫校

 筑後地区唯一の共学のカトリックミッション中高一貫校となり、小学校卒業後の進路の選択肢が増えることになります。2020年度から導入される新しい大学入試に向けて最善のカリキュラムを、迅速かつ柔軟に運用できるのは、私立学校ならではのメリットです。しかも中高一貫の6か年のカリキュラムで切れ目なく学ぶことができるため、長期的な視野を持って進路実現を果たすことができます。

 カトリックミッションの学校として信愛が培ってきた「心豊かで聡明な人間を育てる」という「信愛教育」に自信を持っています。今の時代だからこそ男子にも必要な教育です。生徒一人ひとりに対してきめ細やかな指導に定評のある信愛教育が、男女問わず実践できることに、私たち教職員も喜びを感じています。


Q3 中学校の入学試験、奨学生制度はどのようになりますか?男子の募集定員は?
A3 入試制度・奨学生制度については大きな変更はありません

 従来通りA日程とB日程で入試を行い、どちらも男子の出願ができます。選考基準については男女共通のものとし、差異を設けません。入試特待生制度についても従来通りですが、「姉妹特別優遇制度」については「弟妹特別優遇制度」に改称し、従来通りの基準で男子生徒にも対応します。

 また、在学期間中本校の「スカラシップ賞」規程に従って、進級時において特に成績優秀と認められた生徒に対して、次年度の授業料を全額給付します。


Q4 男子の中学校でのコース選択はどうなりますか?
A4 「医系進学コース」と「国際ASコース」で自分に合った進路実現

 男女の区別なく、中学校受験時に医系進学コースと国際ASコースを選択できます。また、入学後のコース変更にも柔軟に対応することができます。

医系進学コース(いのちへの奉仕)

 医歯薬学部を中心とした国公立理系学部入試に対応する一貫コースです。人間性豊かな医療人として国内外で活躍する使命感を育てます。

国際ASコース(グローバル人材の育成)

 英語を使って楽しく学び、コミュニケーション力を磨くコースです。体験型学習重視。グローバル社会を生きるための英語運用能力と、国際感覚を育てます。
※AS= Active Study


Q5 高校進学時のクラスはどうなりますか?
A5 高校進学時も男女の区別なく、「医系進学コース」「選抜ASコース」「総合進学コース」への進学になります

医系進学コース

 「医系進学コース」の生徒は原則としてクラス変更は行いません。

選抜ASコース(夢は無限大の君へ!)

 理系・文系大学進学のために、確かな学力を鍛えるコースです。

総合進学コース(将来の目標が明確なあなたに!)

 多様な進路希望に応じて総合的に学べるコースです。長年の信頼と実績により獲得した指定校推薦枠などを利用して、確実な進路指導を行います。

 「選抜ASコース」と「総合進学コース」に関しては、2021年度の高校進学時には高校受験で入学してくる生徒も受け入れてのクラスになります。


Q6 高校進学後の男子の進路はどのように考えていますか?
A6 中高一貫6年カリキュラムで学力定着と学力向上

 中高一貫の学習カリキュラムを最大限に活用した学力の確実な定着と、信愛ならではの個別のきめ細かい指導による一層の学力アップを図ります。信愛が長年培ってきた指導は、女子だけでなく当然男子にとっても効果的で、寄り添う指導を得意としてきた信愛にしかできない男子生徒への学習指導・進路指導です。

進路実績が物語る信愛の進路指導の成果

 女子校として歩んできたこれまでの進路実績を見てみると、九州大学をはじめとする国公立大学、上智大学をはじめとする難関私立大学、そして医学部医学科6年連続合格という実績を卒業生は残してくれています。これは生徒一人ひとりの頑張りと、それを支え続けた信愛の進路指導の成果です。この「生徒一人ひとりを支える進路指導」こそ、信愛の進路指導の特徴です。信愛教育なら文系男子も理系男子も安心してのびのびと学べます。

指定校推薦のさらなる拡充と久留米信愛短期大学への内部推薦

 現在本校は、女子大から指定校推薦枠を多数いただいていますが、それ以上に共学の大学からの推薦枠もいただいています。枠の数から言えば、全員が大学に進学できるほどですが、志願者が多い大学や理工系学部・学科についてはさらに開拓していきます。

 また、中学校の共学化と同時に、久留米信愛短期大学も共学になるため、男子生徒の指定校推薦の枠を確保します。もちろんこれまでと同様に、内部推薦の特典として20万円の入学金免除の制度があります。


Q7 「グローバル人材の育成」に力を入れるのは「国際ASコース」だけですか?
A7 「医系進学コース」の生徒も希望すれば全てのプログラムに参加可能

 「医系進学コース」、「国際ASコース」ともに、日常の授業や行事で英語運用能力を鍛えます。それを生かす体験重視の多彩なプログラムを準備していますが、国際ASコースの方が必修のプログラムが多いのが特徴です。国際ASでは、全員で参加するプログラムを組んでいるので、男女ともにグローバル社会に生きる積極性が自然と身につきます。「医系進学コース」の生徒も希望すればすべてのプログラムに参加可能です。


Q8 男子が入部できる部活動は?
A8 男子が入部できる部活動のリストは以下の通りです

運動部【バスケットボール、サッカー、バドミントン、バレーボール】
文化部【イミタチオマリエ、合唱、吹奏楽、箏曲、かるた、メディア、理科研究、放送、華道、茶道、国際研究】
※4月の入部状況によっては、変更されることがあります。


Q9 信愛の部活動にない水泳や空手などの個人活動のサポートは可能ですか?
A9 個人で続けてきた活動についても、中体連大会等への参加ができるようにサポートする態勢があります

 過去に、ゴルフ、クラッシックバレエ、スケート、マリンスポーツなど、信愛に通いながら個人活動を続けてきた生徒がたくさんいます。安心して続けることができます。