教育理念

教育理念

カトリックの精神にもとづく人生観を育て、全人格的開発を目指す

本学院は、カトリックの精神にもとづく人生観を育て、全人格的開発を目指します。一人ひとりが主体性を確立し、それぞれの可能性を最大限に伸ばして自己形成を図るとともに、物事を正しく判断して行動し、さらに豊かな心を持って社会貢献をする、明朗で健康な人を育成することを、教育の方針としています。

信愛教育5つの柱

  • 1

    キリストの教えに
    根ざした教育

  • 2

    一人ひとりを
    大切にする教育

  • 3

    能力の開発を
    目指す教育

  • 4

    自己形成を
    促す教育

  • 5

    社会貢献への態度を
    形成する教育

学院のモットー
『一つの心一つの魂』

「幼きイエズス修道会」の創立者であるレーヌ・アンティエは、『一つの心、一つの魂」という言葉を残しました。「幼きイエズス修道会」を設立母体とする本学院は、創立者の心を心として、心と力を合わせ、交わりと分かち合いを通して信愛の教育を実現する共同体です。家庭的絆の精神である「一つの心、一つの魂」をモットーに、学生・生徒・園児を中心に、教職員・保護者・卒業生が共に歩み、協働していきます。

教育理念

レーヌ・アンティエ